個人間にてバイクを売る前にやっておきたい廃車手続き

バイクを売却する際に名義の変更を忘れてしまうと、バイクを既に手放しているのに税金の通知が来るなど思わぬトラブルの原因となります。例えば、バイク王などの買取り店にバイクを売却した場合には、名義の変更といった事務処理を同時に行ってくれるので問題は発生しません。

しかし、オークションを利用しての個人間での売買では、買取った相手方が名義変更をする必要があります。
バイクを売ったにも関わらず、名義が変わってないと税金の通知などが名義人に届きます。単に名義変更を忘れているだけなら連絡して名義を変えて貰えますが、最初から名義変更するつもりのない人間に売却してしまうと大変です。
トラブル発生後に連絡しようとしても連絡が付かず、解決させるまで時間と労力を使うことになってしまうのです。

このような名義に関するトラブルを未然に防ぐには、相手に車体を引き渡す前に廃車手続きを行っておくことが効果的です。

廃車手続きは排気量によって異なっており125cc以下のバイクではナンバープレート・標識交付証明書・廃車申告書・印鑑を用意して、役所にて手続きを行います。

126cc~250ccのバイクではナンバープレート・軽自動車届出済証・軽自動車届出済証返納届・軽自動車届出済証返納証明書交付請求書・印鑑を用意して、陸運局にて手続きを行います。

251cc以上のバイクではナンバープレート・車検証・軽自動車税申告書・抹消登録申請書・手数料納付書・印鑑を用意して、陸運局にて手続きを行います。

廃車手続きや、個人売買ならではのトラブルが面倒だという方にはバイク王の買取りサービスが便利です。